香りで転倒予防!リラックス効果と平衡感覚の関係とは 京都伏見アロマサロンアンジェリカ

2024/06/16

京都伏見アロマサロンアンジェリカです。

転倒予防に香りを活用しよう

予防は大切ですが、事故はふいに訪れるものです。
例えば、転倒して骨折してしまうと、
歩けなくなり筋肉が低下し、生活の質も低下してしまいます。

そんな時、香りの刺激には平衡感覚を維持する効果があり、
転倒防止に役立つことがあります(引用:メディカルハーブVol68)。



具体的な効果について調べてみると、以下のことがわかりました。

リラックス効果:特定の香りがリラックス効果をもたらし、ストレスや不安を軽減することで、間接的に平衡感覚を改善します。

認知機能の向上:香りが脳の認知機能に影響を与え、
注意力や集中力を向上させることで、平衡感覚の維持に寄与します。

リラックス効果を期待するならラベンダーやオレンジ、
活性化を目指すならローズマリーやレモンの香りが効果的です。


また、ハーブのローズマリーやサフランを使うことで、
脳の血流も促進されるようです。

予防というと少し堅苦しく感じるかもしれませんが、
肩の力を抜いてハーブやアロマを楽しんで活用してみてはいかがでしょうか?

日常生活に簡単に取り入れることができるこれらの方法で、転倒リスクを減らし、生活の質を向上させましょう。